悪徳・裏ビジネス

個人融資詐欺の手口・SNSの使い方には気をつけよう

 

テレビのニュース番組をみていたら面白そうなワードを見つけました

「個人融資詐欺」

この文字列を見てすぐに、個人の間でお金の貸し借りをするんだろうな〜ってわかりますよね

普通の人ならば金融会社でローンを組んだりキャッシングしますが、いかんせん手数料や利子がバカになりません。

しかも金額が大きかったり期間が長くなるほど自分の首を締めますし。

かといって素性もわからない相手にお金を貸したり、お金を借りたりなんて危険なので絶対にやめましょう。

そう分かっているはずなのに、なぜ引っかかってしまう人がいるのか。

そこには心理を突いた巧妙な罠が仕掛けられているので、自分は大丈夫だと思っている人ほど危ないので気を引き締めてください。

手口さえ知っていれば、「あ、この話なんか聞いたことあるぞ?」って回避できますから

それでは、いきましょう!

 

悪質な手口

「個人間融資」とは、SNSを通してツイッターやインスタグラムなどの「金を融資する」といった書き込みをもとに、金を借りたいユーザーが金を貸す側と接触することから始まります

「個人間融資」には以下のような特徴があります。

  • お金を貸す側もお金を借りる側も、書面で契約を交わさずDMのみのやりとりになるため、お互い何かトラブルが起こった場合も自己責任
  • 「通常ならば審査がありますが、こちらからお申し込みいただければ審査なしでご融資します」などと謳っている。
  • 消費者金融や銀行のような審査は行われないため信用がない
  • お金を受け取ったら雲隠れする詐欺業者、悪徳業者が多く潜んでいる

大手消費者金融を名乗って募集している事も見かけますが、これも詐欺です。

そんな金融会社が信用を損ねるような契約を個人間で行うわけがありません。

また「消費者金融会社」として掲示板で募集している場合は、必ずその業者の「登録番号」を調べましょう。

http://clearing.fsa.go.jp/kashikin/index.php』こちらをを利用して、その業者を検索します。

ここに登録がない業者は違法業者です。

貸し手の多くは金融業としての届け出はしていない個人業者になるので、このお金は法律に違反した“闇金”になります。

そもそも、詐欺をしようとしてる奴らは登録番号なんて持っていません。

しかし、時には詐欺師が実在する登録された番号を言う事もあるかもしれません。

そんな時は言われた登録番号の会社に電話して

「そちらの会社は掲示板で融資の募集を行っていますか?」と尋ねてみましょう。

「当社ではそんな事実は行われておりません」という返答が返ってくるでしょう。

こうしたSNSを使った「個人間融資」は検索すれば誰でも簡単に申し込めます。

その敷居の低さから「個人間融資」を悪用し、金銭らを搾取しようとする詐欺師もいっぱいいるのが現状です。

このSNSを使った「個人間融資」の被害に合う多くの人は社会経験があまりない学生や窮地に陥り追い込まれて冷静さを失っている人

判断力が低下して視野狭窄になっている人が狙われている傾向があります。

たしかに「お金を借りる」という行為は何だか罪悪感と後ろめたさがありますよね。

それが友達に大金を借りるとすればなおさらです。

さらに厄介なのが具体的なやりとりの様子がDMなど個人間で行われるため表では認識されずらいのも問題です。

「個人融資」でこんなニュースを見つけました

SNSで「個人間融資」に騙された大学生のAさん

サークルの飲み会が続き、仕送りとバイト代でもお金が足りなくなってしまった大学生Aさん

Aさんは飲み会や食事会で後輩に奢ってあげる優しい面があり、それもお金がなくなる要因の1つでした。

お金がない事が親にバレると色々言われそうで面倒だし、そこでツイッターで”個人融資”の話を見つけました

困ったAさんがとった行動とは?

未成年でも金が借りられるといえば「学生ローン」ですが、すでに学費に当ててるので使えないし

SNSでなら誰にもバレずにこっそり融資してもらえるとお金を借りてしまいました。

ツイッターからお金を借りようとしたところ、相手から家の住所や身分証、バイト先など個人情報の開示を要求されます。

そりゃ、こちらがお金を借りたい立場なので契約するためには教えるしかありませんよね。

Aさんのその後・・・

結論から言うと、こういう人たちから金を借りることができません。

そもそも“融資アカウント”の目的は他人に金を貸したり融資するふりをして

個人情報情報を抜き取り、裏の人たちに情報を売る

女性相手ならば卑猥な写真を送るよう要求したりして、肉体関係を持たないと知人や学校、親にバラすと脅迫してきます。

  • 住所を教えてしまってるから嫌がらせされるかもしれない
  • バイト先に迷惑かけるかもしれない・・・
  • 学校中に変な噂を流されるかもしれない・・・

そんな不安がよぎってしまい「NO」とは言えなくなってしまいます。

金に困った女性をターゲットにした卑劣な犯行ですが

被害者は女性だけではありません。

ボッタクリに遭い冷静さを失った会社員のBさん

このニュースの男性は会社の飲み会の後、一人でふらりと立ち寄った新宿区大久保のバーでぼったくり被害にあり30万円やられたそうです。

今度、ツイッターではなくインスタで融資の話を見つけました。

Bさんは、その融資アカウントの名前を検索すると、自分の他にも実際にお金を借りて助かったという他の書き込みを見つけました。

それを見たBさんはあっさり信用してしまったそうです。

そう、シジミの味噌汁くらいにあっさりと。

この、ご時世に口コミなんて自演あふれていますから参考になりません。

お金で雇われてレビュー1件いくらで書いてくださいっていう仕事もありますからね

仕事を受けてるのですから、レビューは全力で褒めて褒めて褒めちぎりますよね

本物のレビューがサクラなのか見極める観察眼が必要になります。

そして、新宿はボッタクリが多いのでキャッチは絶対に信用しないと胸に誓ってください

ドリンクの氷1つで5000円なんてザラですから

ボッタクリについても今度、記事に書こうと思います。

Bさんのその後・・・

話を戻しまして、なんとかその場はカードで支払ったBさんですが返済のあてはない。

ボーナス時期まで耐えなければと思いすがったのが、インスタグラムで見つけた“融資アカウント”でした

「20万円ほど借りたい」と連絡したところ、先に5万円の”保証金が必要”と言われました。

言われるがままに5万円分のiTunesカードを買い、カードのIDを送りました。

20万円貸す為には、「担保としてさらに5万円分のがないとダメだ」と怪しいと思いながらも、すでに1度5万円払っているし頼みの綱はここしかないと思い、結局もう5万円分送りました。

そのあとは、お察しの通り連絡はそれ以降で途絶えました。

こちらは相手方の情報は何も持っていないので請求しようがありませんので泣き寝入りするしかありません。

ただ、ツイッターやインスタグラムは匿名ではありますが弁護士を通せばユーザーの情報開示を要求して突きとめることも可能です。

ですが、そこまでして詐欺師を見つけたとしても弁護士さんに依頼したり裁判を起こしたりなどお金がかかる事を考えると本末転倒ですよね・・・

もし自身が今後このような状況に陥ったら、親や先輩、友人らに相談する方がよっぽどマシです。

まとめ:ネットで借りず大手消費者金融・銀行を利用すべし

いかがだったでしょう?

個人間融資に手口は分かって頂けたと思います。

1番は関わらないことがベストですね!

もし、お金が必要な時は個人間融資に頼らずちゃんとした消費者金融のキャッシング・カードローンの利用を考えましょう。

どんなに気をつけていても100%悪徳業者を見ぬくのはなかなか難しいです。

どうしても、個人間融資を利用する際は後々トラブルにならないよう、「借用書」を交わしておくことをオススメします。

また、相手が個人だからといって返済期間を守らなかったり、返済しないで雲隠れしようなんて事したら、詐欺業者とやってる事は同じですから絶対に辞めましょう!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です