悪徳・裏ビジネス

Twitterで流行の現金配布、プレゼント企画の真相【ホントに配られることはありません】

年明けのZOZOTOWN前澤社長の現金プレゼント企画であっという間に50万人を超えていました。

私の友人をフォローしているリアルアカウントの方でも毎日にようにあのツイートが何度も何度もタイムラインに現れましたね。

あのツイートインプレッションは180,000,000超えだったとかなんとか…つまり1億8000万人のひとがこのツイートに反応したということになります。恐ろしい数字ですよね?

そして、記憶にまだ新しいのは青汁王子こと三崎優太さんの現金配布企画もありますよね。

Twitterではこれに便乗して「現金プレゼント企画」が横行しております。

厳密には、このお二人がやるまえから存在はしてましたけど

この怪しさ満載のこの企画で本当にお金はもらえるのか気になったので検証してみました!

 

結論から先にいいますとこれら現金配布イベントはほぼ100%詐欺で間違いないと思ってもらって大丈夫です!!

ほぼというのが前澤社長レベルの有名人の方が嘘企画で実は配布していなかったなんてことしたら自分のネームブランドに傷がつくことになりますから、おそらくしっかり宣言通りに配ってるんではないかと思います。

三崎優太さんは正直わかりません。自分が軽く調べた感じだと当選ツイートしてるのがキャバ嬢みたいな女性ばっかりのイメージを受けたのでヤラセだったのかな〜って思ったり。真実はわかりません!

 

それでは詳しい特徴とその手口を見ていきましょう!

現金配布企画の目的

広告・マーケティング

そもそもの企画の1番の目的として広告活動のためにやっています

Twitterにはリツイートという機能があり、ユーザーがそのリツイートを行うことにより、そのリツイートした人をフォローしている他のユーザーのタイムラインにも表示され多くの目にとまることになります。

こうやって芋づる式でどんどん色んな人に認知してもらう、そうこれが狙いなのです!

 

 

例えばの話をしましょう

①月間100に不動産セミナーをすると実際に契約に繋がるのが10とする。
②1件契約できることによる単価は1人100とする。

ということは100人にセミナーきたら10件×100万1000万入ることが望める。

Q.では一人当たりいくら儲かる?
1000万÷100人なので⇨1人にセミナーで10万円分の期待値。


これが新規顧客獲得するのに限界の単価が10万であると意味する

それを踏まえて

Q.今度はセミナーのためにホームページを作ったら、100人(アクセス)見られたらセミナーに申し込んでくれる人は1人であった。じゃあ1アクセスごとにいくら儲かるの?

1人セミナーに来ると10万儲かる⇨10万÷100アクセス=1アクセスの単価は1000

ホームページに1アクセスあるだけで1000円分の価値があるということがわかります

では、10000アクセスきたらいくら儲かるか?
1
アクセス1000×10000アクセス=1000万円


これは広告効果が10倍もあるということになります

どうでしょう?1人認知してくれるだけでこんなにも価値があるのです!
もちろん例は不動産なので桁が高くなっていますが、これがもし一万円の案件だったとしても、多くの人の目にとまればとまるほど期待値の数字は大きくなります。

 

アフィリエイトへの誘導

これは単純に私経由で「ポイントサイトやクレカサイトに登録してくれたらエントリー完了になりますよ^^」

(登録してくれたらインセンティブ料が私にはいるからよろしくね養分^^)

っていう仕組みです。

ほかの偽企画の奴らもだいたい登録サイトへ誘導するのが多かったですね

 

個人情報の引き抜き

一番怖いな〜っと思ったのがこれですね

あたかも正規ので大手企業とのタイアップ企画のような演出で作られた偽ホームページURLへの誘導です。

パッと見は普通のサイトでそれっぽいことも書いてあり会員登録を勧めてきます

これで自分の情報を入れてしまったらもうアウトですね

正直、めちゃくちゃ手が込んでで、そのプログラミング技術で普通にフリーランスで仕事受注すればいいのにって思いましたね

 

 

アカウントの売却

これはあくまで私の憶測なのですが、「当選発表が終わる前にフォローはずしたらDM送れないので外さないでください」などと偽企画フォロワーをキープ、そこからアカウントのIDと名前を変更して第三者にフォロワーがたくさんいるアカウントとして横流ししている感じもありました。

フォロワーがいっぱいるアカウントのツイートってなんだか信憑性あるように感じますよね?

そこから有料のオンラインサロンに誘導したり、内容コピペの焼きまし情報商材の宣伝を行い購入させるなんていうこともできますよね。

気をつけよう、実際の手口と特徴

これはもう大体パターンは同じなので、こんなつぶやきやセリフを聞いたら「またそれか」と思ってください。

Twitterでよくあるので注意したいのが

・「リツイートとフォローしてくれた方の中から抽選で○名!」

・やたら締切が近く、早くしないとと煽ってくる

・写真ではなく動画で配布用の大量の現金見せびらかしてくる

・アカウントを作ったばかりで日が浅い

・ツイート内容がペラッペラ、企画用に即席で作っただけ

 

Youtubeの方だと…

youtubeチャンネル登録

youtubeの動画にコメント

この動画を高評価

Twitterのアカウントをフォロー

ラインの友達追加登録

といったような条件を設けて登録者数というなの新規顧客をどんどん増やしていくというマーケティング手法ですね。

 

 

あの大量の現金やアマギフカードってホンモノ?

前澤社長や三崎優太さんは経営者で実績もありますので札束くらい簡単に用意できそうですが、顔もわからぬ見知らぬ誰かさんをホントなのか?

答えは簡単、こんなものが存在します。動画じゃ直接触れないですし質感もわからないので騙すのなんて容易ですね!

まとめ

いかがだったでしょう?

冷静に考えて無料で見知らぬ赤の他人に大金をあげるわけ無いですよね?小学生でもわかります。

それなのになぜポチッと押してしまうのでしょう。それは時間がかからず簡単で、なおかつ無料で参加できるため騙される側にデメリットがなにもないからです。

でも、そのリツイートすることで奴らの儲けの養分になってるわけですから悔しくないですか?

私は腹立つのでこの記事を書きました。これを読んだ方は騙されないように気をつけてください!

それでは失礼します

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です