投資

DMMFXで確定申告の条件【副業で稼いだら会社にバレるの?】

 

企業勤めだとなんとなく聞いたことがあるけど細かいことは会社やってくれたりして、あんまり馴染みのない年末調整

よく耳にするのが副業で小遣い稼いだことにより年末調整で副収入を得てるのがバレて怒られた!とか会社をクビになったなんて恐ろしい話を聞きますよね。

結論から先にいうとバレる可能性はあります。しかし一定の条件を満たさない限りは会社にバレることはありませんし、自分で確定申告すれば問題ありません

なんなら日本の高齢化問題や老後2000万円問題など、個人で備えることを国が推奨してますし、近い将来には副業あたりまえの時代がくるかもしれませんね!

Q:サラリーマンがFXを始めた場合、確定申告はどうなるの?

サラリーマンなど給与所得がある場合は2パターンあります。
1つは、年間の給与の収入額が2,000万円を超えている場合はFXで利益があるなし関係なく法律で確定申告をしなくてはならないと定められています。
これはお金持ちの人に対する制度なのでサラリーマンの私達には関係ありませんので、ふ〜んそうなんだくらいに思っていてください。
もう1つは、年間の給与の収入額が2,000万円以下でも、FXによる利益が20万円を超える場合です。この場合は、サラリーマンが会社で年末調整を行っていたとしても年間で20万円を超える利益が発生した場合は自分で確定申告をする必要があります。
また自営業で給与所得がない場合、主婦や学生など扶養家族に入っている場合は、FXで得た所得が38万円を超えると確定申告の必要があります。

 

サラリーマンなら関係ないですが公的年金等に係る雑所得がある場合にも確定申告が必要な場合があります。確定申告不要制度というものがあり、公的年金における収入が400万円以下、且つ、公的年金等に係わる雑所得以外の所得金額が20万円以下ならば確定申告の必要はありません。
逆に、公的年金における収入が400万円以上、FXでの所得が20万円を超えるは、確定申告の必要がでてきます。

だいたい、20万円以上利益を出して稼いだかどうか頭の隅に入れておくと良いでしょう。

損失がある場合の確定申告

20万円以上の利益が上がれば確定申告の必要がありますが、利益がなくとも確定申告をする場合もあります

繰越控除

通常は利益がなければ確定申告の必要はありません。しかし、繰越控除を受ければ、今年度に発生した損失を翌年以降3年間店頭FXや取引所の先物取引等で発生した利益と相殺させ、利益が出た年の納税額を減らすことが出来ます。

この控除を受ける場合には、損失した年に確定申告を行う必要があり、翌年以降も継続的に確定申告を行わなくてはなりません。

損益通算

複数の会社でFXの取引をしていた場合、各社の損益を合算することが出来ます。 例えばDMMFXで50万円の利益、GMOで20万円の損失があった場合、損益通算をすれば30万円の利益となり、ここから必要経費を引いた金額が所得となります。損益通算をしなければ50万円がそのまま利益となってしまい50万円に税率がかかり税額が多くなってしまいます。それなら2社の損益を合算して30万円に税率をかけたほうがお得になりますよね!
損益通算をすれば納税額を減らせる可能性もありますので、節税するためには損益通算という制度を使い申告しましょう。

 

Q:勤務先に電話がかかってくる?

 

A:基本的にかかってくることはありません。

口座開設の際に勤め先の住所や電話番号を記入するので不安になりますが、基本的には登録した自宅や携帯の番号に重要な連絡は来ます。FX取引でマイナスが非常に大きくなり、証拠金が足りなくなった際にお金を払わずに放置、自宅や携帯の番号につながらない場合の催促手段の1つとして勤務先にかかってくることがあります。

 

まとめ:うっかり申告忘れしないように気をつけよう

いかがだったでしょうか?確定申告が必要となる場合をまとめると以下のようになります。

会社員20万円を超える利益が発生した場合は確定申告
自営業38万円を超えると確定申告
公的年金の収入が400万円以上、FXでの所得が20万円を超える
先物取引等で発生した利益と相殺させて節税したい場合
損益通算損益を合算して節税したい場合

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です