物販

【せどり指南の書】仕事終わりの時間で副業収入3万稼げる「せどりテクニック」

皆様は「せどり」という言葉をご存知でしょうか?

「せどり」とは物品販売の用語なのですが、馴染みのある言い方だと「転売」とかでしょうか。

しかし、せどりと転売の本質は少し違うと私は思っています。
そもそも、せどりとは・・・

“せどり(競取り、糶取り)とは『同業者の中間に立って品物を取り次ぎ、その手数料を取ること。また、それを業とする人(三省堂 大辞林より)』を指すが、一般的には古本用語を元にした「掘り出し物を第三者に販売して利ざやを稼ぐ」商行為を指す言葉。”(Wikipediaより引用)

とあるように、せどりは掘り出し物を売買して利益を得るのです。

一方、転売は需要の高い品物を定価で入手して、その商品が欲しい消費者に定価以上で売りつけて利ざやを稼ぐ手法となります。

パッと見では同じにように感じますが一番の違いは誰から利ざやを稼ぐのかという点にあります。

せどりと転売のイメージとして・・・

・せどりの場合はお店の値引きキャンペーンやクーポン、在庫処理セールなどお買い得になっている商品を安く仕入れて、定価の消費者に還元する。つまり、企業や店舗から利ざやを稼ぐのです。

・転売の場合は定価で入手した物にプレミア値段を上乗せして、消費者から利ざやを稼ぐのが目的です。

スクリーンショット 2020-01-09 0.22.20

世間で転売が「悪」である風に感じる理由は買い手の人達からお金を多く取っているという点に不満があるのです。

一方、せどりの場合は店舗からの利ざやを得るので消費者には負担がないのです。

じゃあ、店舗の従業員から嫌われてしまうのではないかと思いますが実際はそんなことはありません。

むしろ、店舗側は抱えてしまっている在庫を早く処理して新しい商品を入荷しなければなりません。

大量の売れ残り商品は棚や倉庫のスペースを取るだけですからね。そのため大量の在庫をセールで売り捌いたり、少しでも利益を残すために値引きしたりするのです。

こうやって在庫商品の中から利益の取れる掘り出し物を探して売るのがせどりのイメージだと思ってください。

それって店舗の商品いちいち見てる時間ないし、スキマ時間じゃキツいじゃん!

安心して下さい、私が今から教える手法はそんな大変なリサーチをすることもなく、毎月のとある時期に「ある物」を買うだけで利益が出るため苦労することはありません。

そして、私がせどりを副業として推す1番の理由は、再現性が高く初期費用が全く必要ない所にあります!

例えば、他に副業といえば株やFXといった投資がありますよね?

実際に私もやっていますが、投資は初期投資で最低10万ほど入金しなければまともにトレードもできません。

しかも、そのお金はトレードしてる間は自由に使えませんし、最悪の場合マイナスになる可能性もあります。

また、世界の経済情報にも耳を傾けなければなりません。

最近の出来事で言えば、イランがアメリカにミサイルを撃ったことでしょうか?

アメリカと中国の貿易摩擦の合意に進展があったことや、イギリスのEU離脱の話もあるでしょう。

投資はこのような世界情勢に敏感である必要があるので社会人で働きながら副業でやるのは中々、大変なことです。

その点でいえば、せどりはどうでしょう。

せどりはクレジットカード1枚あればできますし、クレジット払いの請求は次の月にきますので、仕入れた商品はクレジット引き落とし日までに売ればいいので初期投資金が必要ありません。

ちなみに、この手法ならば即金でお金が入るのでマイナスになることはありませんので、売れなかったらどうしようなんて怖がる必要もありません!

そもそも、せどりは売れない商品は仕入れません。

1ヶ月目の初心者のくせして、なんでそんな自信満々なのかというと実のところ私は法人を立てせどり専業で稼いでいるプロせどらーの方に現在進行形で教わっています。

たった1ヶ月ですが、私が月商40万稼げたのは師匠のおかげでもあります。

さらにいえば、たった1ヶ月でこれだけ稼げるせどりは再現性があるのは分かっていただけましたでしょうか?

最近じゃ加工なんて誰でもできますし、憑性がないかもですが一応証拠として載せときますね笑

スクリーンショット 2020-01-07 15.36.00

ちなみに、このノウハウの続きはnoteに書いてますのでよかったらどうぞ!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です