物販

クリスマスのおもちゃ回転率はハンパねぇっす【せどりマスターへの道:1ヶ月目振り返り】

 

コンサルを受け始めて1ヶ月が経ち、ある程度流れを掴んできたので振り返るとします。

まずは初月の収支報告から

せどりを本格的に初めて1ヶ月目の月商は41万4687円でした!

合計で78万仕入れで現状のアマゾンFBAの売り上げは41万しかないんじゃ大赤字じゃねーかっ!!って話ですが、まだ仕入れたが出荷されてないこれから売れる商品があるのでもっと利益は上がります

現状の売り上げ金額の内訳は次のようになります

合計でおよそ63万円となります

ここにFBAの在庫商品が全て売れた場合のだいたい見込み収入として35万円ほどありますので、見込み収益は(63万+35万)ー仕入れ78万+20万円ほどの利益ですね

んな、収益なんて知らんがなッ!って思うので早速12月のせどりの特徴を見ていきましょう!

 

12月はクリスマスがあるためおもちゃの需要が凄い

12月といえばクリスマスがありますよね?

世のパパママたちはキッズの欲しい「おもちゃ」をなんとしてでもゲットしなければならないという使命があります。

そして、キッズたちの思考は単純なのでみんなが持っている物、友達の間で流行ってるものなど人気なおもちゃを自分のものにしたいと思うもんです。

すると何が起きるかというと、人気おもちゃの需要過多が起こり多くの店舗では品切れ続出します。

こちらは実際にめちゃくちゃ品薄になり値段が高騰しました

末尾が7のセール価格で15000円ですがクーポンやキャッシュレス還元を駆使することにより14000円ほどで購入することが出来ました。

気になる売値ですが品薄によるプレミアが付き22000円あたりでも売れたので手数料など引くと1台で4000円ほどの利益が出ます!

これってめちゃくちゃ旨味だと思いませんか?

ただ、こういう人気商品はだいたい「お一人様一点限り」という制約があるため、そういった人気商品を中心に複数店舗をぐるぐるマラソンする必要があります。

ですが人気商品というのは他にもあります

今年だと「リングフィットアドベンチャー」「ポケットモンスターガチッとゲットだぜ!モンスターボール」という商品も人気だったようでお一人様一品限りとなっていました。

裏を返すと「お一人様一品限り」となっている商品があればそれは利益の取れる商品であるということが分かります。

もし在庫入荷待ちだったとしても入荷するタイミングさえ知っていれば入荷当日に買いに来れれば買える確率が高まりますよね。

トイザらスの場合はだいたい金曜日に入荷されるので金曜日のお昼頃にいけばあるはずです。リングフィットの場合は毎週金曜日に行くと在庫がたくさんありました

そして、次の日の土曜日にはもう在庫切れになるほどの売れ速さでしたね。

モノレートのランキングに載るおもちゃ商品とかはだいたいトイザらスのセール品だったりするので、こまめにモノレートのランキングのおもちゃは覚えておくと良いでしょう!

 

 

(せどりを始めるまでは「すみっコぐらし」がこんなにキッズに人気だなんて知らなかった…)

おもちゃ類はクリスマスまでに売り切るべし

クリスマスプレゼントのためにおもちゃの需要は確かに上がりますが、それに伴いライバルせどらーもそこを狙って大量のおもちゃ在庫で勝負を仕掛けてきます。

すると今度はおもちゃの供給過多で需要と供給のバランスが崩れて値下げ合戦による価格戦争が起こります。

価格戦争が起こるとせっかく自分が利益の取れる金額で仕入れすることが出来たのに、値下げにより±0に最悪の場合マイナスになってしまいます。

そんな事態は回避しなければなりません!

 

12月25日をすぎるとガクッとおもちゃの需要は下がり、全てのおもちゃの値段が下がり始めます。なので、その前には売り捌くことを意識して立ち回りましょう。

しかし、先ほど紹介したような人気プレミア商品はクリスマスを過ぎても大きく価格は下がらずプレ値継続する傾向があるので焦る必要はありません。

ちょっと待って、それって仕入れてホントに大丈夫?

アマゾンで出品していて一番の敵って誰だと思いますか?

私は他の出品者でもなく季節や流行でもなく「Amazon」運営だと思います。

奴らのカート価格さえなければ利益出るのにと思ったことがあります。奴らのカート価格というボーダーラインがあるせいでそれより低く仕入れたり価格を合わせたりしなければならないのです

12月はクリスマス商戦に向けて玩具を仕入れたものの、うまく捌けなくて在庫になって抱えてしまいました。

それは価格競争の波に上手く乗れなかったためしぶしぶ値下げをすることがあり、値下げをするタイミングが遅かったのもあります。

アマゾンが在庫切れになると価格が上昇します。アマゾンが在庫が切れ時点の価格ベースで仕入れてしまうと、数日後アマゾンが復活した場合には値段はアマゾンに合わせて下げなければならい。つまり、高値掴みになります

 

購入時にはモノレートの波形もよく利益を取れる値段のため仕入れ行なったが、いざ発送してから倉庫に到着するまでの数日間で供給過多になり価格競争に巻き込まれ利益がトントンになることが多々あり。

しっかり仕入れの段階でも平均価格も意識して値下げが起きてもマイナスにならないかの確認を!粗利500円くらいは少し気をつけた方が良きかと。

また、大型商品のとなるとFBA送料と販売手数料がなかなか取られるので仕入れの時は注意しよう!

今月の反省

・店舗せどりにおいて棚を見渡し不自然に売り切れになってる箇所があれば、それはライバルせどらーが掻っ攫った痕である可能性があるためしっかりリサーチ、他の店舗では在庫があるかもしれない

 

・楽天のセール中の売り切れ商品を見つけたらリサーチ、アマゾンに飛んでその商品を取り扱ってるライバルせどらーであろう人の商品リストを覗き見して分析してニーズのある商品を知る

 

・楽天カードの仕様を勘違いして月が変わればまた上限枠フルで使えると思っていたため限度額がきてしまった。
楽天の仕入れ以外にプライベートの支払いも少し楽天カードで使っていたせいである。以後、楽天仕入れ以外ではプレミアムカードを絶対利用しない。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です